忍者ブログ
中橋愛生(NAPP)の不定期日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<7.18 追記>
 下記の内容、募集締め切りは過ぎましたが、継続して参加者募集中です。
 定員になり次第、終了となります。

 〜追記ここまで〜〜


 今年が横浜開港150周年ということで、横浜では色々なイベントが行なわれています。

 その一環として、横浜みなとみらいホールの主催で、吹奏楽のコンサートが企画されています。
 そのコンサートのために委嘱を受けて、2曲、書かせて頂くことになりました。

 1曲は世界的に活躍されている太鼓ドラマーヒダノ修一さんをソリストとした、「太鼓と吹奏楽のための祝典序曲《そして時は動き出す》」。
 もう1曲は、市民参加の桶太鼓群・バンダ金管群が加わる「《邂逅の時》桶太鼓群、金管群と吹奏楽のための」。

 で、この後者の作品の初演に際し、バンダに加わって下さる市民(中学生以上)の方を募集しています。
 数回の練習では、シエナ・ウインドの方々の指導を受けられるので、そうした点でもお得な感じです。

 本番は10月12日(月・祝)で15時開演予定。
 バンドはシエナ・ウインド・オーケストラ、指揮は岩村力さんです。

 プログラムは以下の通り。

<第一部 〜シエナ・ステージ>

 池辺晋一郎:ヨコハマ・ファンファーレ
 P.フィル:ヘイル・コロンビア
 R.W.スミス:海の男たちの歌(船乗りと海の歌)
 杉浦邦弘:ヨコハマ物語
 C.ドビュッシー:交響詩「海」より3. 風と海との対話

<第二部 〜ヒダノ・ステージ>

 ヒダノ修一 with 太鼓マスターズ

<第三部 〜合同ステージ>

 中橋愛生:太鼓と吹奏楽のための祝典序曲《そして時は動き出す》
 中橋愛生:《邂逅の時》桶太鼓群、金管群と吹奏楽のための


 バンダに関する情報、応募要項は、下記のホール発表内容の通りです。

  〜〜ホール発表内容 ここから〜〜

横浜みなとみらいホールでは、来たる10月12日(月・祝)に、岩村力指揮 シエナ・ウインド・オーケストラ、ヒダノ修一(太鼓ドラマー)の出演で、「ヨコハマ開港150周年祝祭コンサート」を開催いたします。横浜開港150周年を盛大に祝う、このコンサートの第3部では、今回の為にNHK−FM「吹奏楽のひびき」でもおなじみの作曲家、中橋愛生に委嘱した祝典曲を、市民参加のブラス隊と太鼓隊が、シエナ&ヒダノら豪華出演者と同じ舞台で壮大に奏であげます。

 今回このブラス隊・太鼓隊への参加者を大募集いたします。横浜の開港150周年を祝い、みんなで作り上げる祝典コンサートにぜひご参加ください。あなたのご参加をお待ちしております!!

【応募資格/参加条件】

1. ワークショップ・練習(7月〜)に毎回参加できる方。
-横浜在住、在勤、在学の方を優先とさせていただきます。
-欠席・遅刻の多い場合、リハーサル・ゲネプロ不参加の場合は、ご出演いただけません。
2. 中学生以上の方。(中学生・高校生の参加には保護者の同意が必要です。)
3. 楽譜が読め、応募楽器の演奏経験があり、楽器の持参ができる方。(楽器の貸出はいたしません。)

●募集パート:合計150名
 太 鼓・・・かつぎ桶太鼓 (50名)
 ブラス・・・トランペット(50名)、ホルン(20名)、トロンボーン(30名)
●参加料 ・・・ ワークショップ5回、リハーサル、本番込み。
         一般¥5,000 / 中学生・高校生¥3,000
●指 導 ・・・ ブラス:シエナ・ウインド・オーケストラ メンバー
         太鼓:ヒダノ修一

●ワークショップ会場&日程 ・・・ 横浜みなとみらいホール内の施設。(原則19時〜21時)

太 鼓 : 7/23、8/4、8/21、9/18、9/23
ブラス : 7/23、8/17、8/23、9/18、9/23
* 公演リハーサル: 10/10(土)・・・午前予定、詳細後日。
* 公演日: 10/12(月・祝)・・・午前集合、詳細後日。

*参加者の皆様には、コンサートの第3部「合同ステージ」の中で演奏される、中橋愛生作曲(委嘱新作)の演奏にご参加いただきます。

申込締切: 7月10日(金) 必着
問合せ/045−682−2020 横浜みなとみらいホール事業企画グループ

応募要項(PDFファイル)

  〜〜ホール発表内容 ここまで〜〜


 皆様のご応募をお待ちしております!


#実は10月12日は東日本学校吹奏楽大会の日でもありますので、
 中高生の方は予定を確認して応募して下さい
PR
 今日からブレーンが「ライブch」というものをネットで配信開始しました。

 演奏会の映像を流すそうですが、記念すべき第一回目は、3月の「響宴」から私の「閾下の桜樹」となっています。(5月7日まで)

http://hs04.wadax.ne.jp/~brain-music-com/cp-bin/blog/index.php?eid=257

 こちらをお読み頂いてからだと、色々と面白い(かも)です。



 さてさて、旧作だけではなく、新作の初演予定もあります。
 昨年末から今年の春にかけて、高知の鏡野吹奏楽団さんのために一曲書かせて頂きました。「星を釣る海」というタイトルになっています。

 鏡野吹奏楽団さんはこれまでに飯島俊成先生に始まり最新作が田中賢先生と、私の好きな作曲家に委嘱をされています。そこに加えて頂くというのは、とても光栄なことだと思います。

 初演は5月16日、高知県民文化ホールです。

 http://www.h7.dion.ne.jp/~kagamino/32nd_regularconcert.htm

 指揮は、客演の福本信太郎さんに振って頂きます。
 福本さんには、その次の週にも相模原市民吹奏楽団さんで「閾下の桜樹」を振って頂くことになっていたりします。

 http://www.geocities.jp/cbsgm_web/concert.html

 実は、新作初演のある5月16日には、浜松でジャパン・バンド・クリニックのイヴニング・コンサートがあるのですが、ここで神奈川大学さんが「閾下の桜樹」を再演して下さるかも、と聞いてます。

 なんだか色々絡み合ってますね。
 先月の「響宴」で演奏して頂いた拙作「閾下の桜樹」が、下谷奨励賞を頂きました。

http://kyo-en.music.coocan.jp/topics/sitaya_21.html


 委嘱して頂いた陸上自衛隊中部方面音楽隊、採り上げて下さった響宴実行委員会、再演して下さった神奈川大学吹奏楽部に、改めて感謝致します。

 授賞式は6月28日(日)〜29日(月)に山梨で行なわれるJBA総会なのですが、この二日目に自作について(というか吹奏楽作曲論?)の一時間ほどの講演をさせて頂くことになりました。
 JBA総会にご出席の方は、こちらもよろしくお願い致します。


 ちなみに、この「閾下の桜樹」は、早くもブレーンさんからレンタル譜として出して頂いています。

http://worldwindbandweb.com/brainmusic/7.1/YDON-C07/

 CDは5月20日発売予定です。

http://worldwindbandweb.com/brainmusic/7.1/BOCD-7484/


 5月24日には、相模原市民吹奏楽団さんのグリーンコンサートでも演奏して頂けるそうです。

http://www.geocities.jp/cbsgm_web/concert.html


 〜〜〜

 本日、CAFUAさんから龍谷大学の新譜「藍色の谷」が発売されました。
 私の編曲の「威風堂々」も収録して頂いています。
 指揮の若林先生いわく「プロムス風」の、快速テンポでの演奏になっています。
 こちらも宜しくお願いします。

http://www.cafua.com/products/detail.php?product_id=313
 昨日は、陸上自衛隊中部方面音楽隊のレコーディングのための練習に立ち会わせて頂きました。(日帰り)

 今回は、昨年9月に初演された「組踊る天海の狭間に」を収録して頂きます。
 録音本番には立ち会えないので、どうなるかドキドキですが・・・・・
 3月15日に発売予定だそうです。

 3月15日といえば、第12回「響宴」が行なわれる日です。
 こちらでは、私の「閾下の桜樹」を神奈川大学に演奏して頂きます。

 この「閾下の桜樹」、陸上自衛隊中部方面音楽隊の委嘱作品なんです。
 偶然ですが、不思議な縁を感じます。


 ちなみに、「組踊る天海の狭間に」は陸上自衛隊第一混成団音楽隊の委嘱作品でして、今度の2月1日に再演して下さるそうです。

  演奏会情報

 このコンサートでは、盟友の酒井格さんの新曲も初演されるそうです。
 実は、委嘱の契約書は2人並んで沖縄で署名しました(笑)
 このたび、日本管打・吹奏楽学会による、第18回日本管打・吹奏楽アカデミー賞の作編曲部門を頂きました。

http://www.basj.or.jp/academy/index.htm

まだまだ書きたいもの、やってみたいことがたくさんあるので、「まだ早い」という気がしなくもないのですが、評価して頂けたことは嬉しいですので、今後一層の努力をすることで受賞に応えていければ、と思っています。

今後もよろしくお願い致します。


〜学会による賞の説明〜

日本管打・吹奏楽アカデミー賞は、毎年各部門ごと、学会員の皆様の推薦を基にその活動が特に顕著であると認められた団体、或は個人の方々をアカデミー賞審査委員会のプレ選考及び本選考会を通した厳正なる審査により選考及び表彰するもので、回を重ねる毎に高い評価を頂いております。


〜学会による受賞理由〜

「科戸の鵲巣ー吹奏楽のための祝典序曲」など独自の作風により吹奏楽界に新風を吹き込んでいる。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
NAPP
年齢:
38
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/19
職業:
作曲家、のはず
自己紹介:
作曲家。
東京音楽大学・非常勤講師(作曲)。
NHK-FM「吹奏楽のひびき」担当。
最新CM
[09/26 Feste Romane]
[09/24 NAPP]
[09/24 Feste Romane]
[04/04 ごいんきょ]
[02/25 D]
最新TB
ピアニカ
キーボード上2列で演奏できます
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]