忍者ブログ
中橋愛生(NAPP)の不定期日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 しばらく外出続きになるので、今のうちにblog更新。

 今日はこれから佼成ウインドの定期を聴きに芸劇まで行ってきます。
 W.ヒル「セント・アンソニー・ヴァリエーション」は、もちろん原典版を生で聴くのは初めてです。実は私、CDで先に聴いたのは原典版のほうだったので、天理版の方に違和感を感じる変わり者なのです(笑)
 C.T.スミス「華麗なる舞曲」も生で聴くのは初めて。大阪市音の「80」に収録されていた脅威のライヴを超えられるか?
 大栗裕「大阪俗謡による幻想曲」も全曲版を生で聴くのは初めて(って、こんなのばっかですね)。NAXOSの原曲版と同一指揮者ということもあり、どんなものか。
 天野正道「ユーフォニアム協奏曲」は、楽譜を大体覚えているくらい知ってしまった曲(笑) 解説にどんなことが書かれているか、というのも気になってみたりして。
 しかし、全体的に体力のいる曲が多いですね。最後まで体力が持ったら、ブラヴォーものでしょう。
 あとは、下野竜也さんとTOKWOの初顔合わせにも注目。札幌交響楽団の「スペシャル・ブラス」や、九州に最近設立されたプロ吹奏楽団「九州管楽合奏団」(http://www.m-m21.com/kyu-kan.htm)といった地方のプロをどのように率いているか、という吹奏楽との相性を見計らう意味でも、その実力を見せてもらいたいものです。

 明日は、ミュゼ・ダール吹奏楽団の練習立ち会い。もちろん、拙作《La Decouverte du Feu》の練習です。ソリスト付きの練習は初です。ソリストは外囿祥一郎さん。・・・・・って、佼成の定期の翌日じゃないですか。拙作、お世辞にも楽とは言えない、高音域頻出の体力消耗曲です。なんてタフな人なのだろう・・・・・流石。

 ちなみに明後日は大学の作曲関連の授業が本格的に始動する日。様々な「大混乱」が予想されます(苦笑)。私は主に大学院の授業の補佐を担当。湯浅譲二先生の初回授業もあるので、帰りは遅くなる予感。

 さて、いつ私は曲を書いているのでしょう (;^_^A
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
NAPP
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/19
職業:
作曲家、のはず
自己紹介:
作曲家。
東京音楽大学・非常勤講師(作曲)。
NHK-FM「吹奏楽のひびき」担当。
最新CM
[09/26 Feste Romane]
[09/24 NAPP]
[09/24 Feste Romane]
[04/04 ごいんきょ]
[02/25 D]
最新TB
ピアニカ
キーボード上2列で演奏できます
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]