忍者ブログ
中橋愛生(NAPP)の不定期日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 前回の書き込みが8月25日。ということは、二ヶ月近くも空いてしまったのですね。すみません。色々バタバタしてました・・・・・

 さて、この時期で吹奏楽のコンクールと言えば「全日本吹奏楽コンクール」ですが、作曲のコンクールもあります。

 また、この時期で作曲コンクールと言えば「日本音楽コンクール」ですが、吹奏楽の作曲コンクールもあります。

 ということで、吹奏楽作曲コンクールの話。


 今年が第一回目となる注目の「東京佼成ウインドオーケストラ作曲賞」。

http://www.tkwo.jp/comp/news.html

 その予選の様子はバンドパワーにもレポートされるなどしています。

http://www.bandpower.net/report01/2006/08/01_tkwo_con/01.htm

 これらからも分かるように、かなりハイレベルな内容のコンクールになったようです。今後どのようなことになるのかを占う意味でも、本選が非常に楽しみです。

 今回、指揮者となっているポール・メイエはクラリネット奏者。現代作品の演奏には定評のある氏ですが、指揮者としては未知数。


 このコンクールに触発されたのか、全日本吹奏楽連盟も、朝日作曲賞と別の作曲コンクールを行うことを発表していますが、こちらがどのような内容となるのかが注目されます。


 一方、ベルギーではハレルベケ国際吹奏楽作曲コンクールが行われており、本選が11月5日にあります。

http://users.pandora.be/wim.godderis/Paginas/nieuws_bot_en.htm

 注目は、松平頼曉がファイナリストになっていること。エントリー曲「Expansion」は既に日本での演奏が決まっている(某音大と一般バンドらしい)そうなのだけれど、噂によると本人談で「とても難しい」のだとか。来年行われる「吹楽」でやらないものでしょうかね?

 もう一人日本で残っている咲間貴裕さんは、私が学生のときに助手をされていた東京音大の先輩。最近になって大規模な編成の様々な作曲コンクールに入賞されています。エントリー曲「Sinfonietta」の他にも「リズミック・ダンス」という曲もあるそうですね(朝日作曲賞佳作?)。これらも聴いてみたいものです。

ところで、上の方に書いてあるアラン・ルヴィエの「Archimede」はオリジナル作品なのでしょうか?ルヴィエの著書で文庫クセジュ(白水社)から出ている「オーケストラ」はバッハから始まりヴァレーズ、クセナキスへと至る実に面白いものでした。その著者の吹奏楽曲は非常に興味があります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
NAPP
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/19
職業:
作曲家、のはず
自己紹介:
作曲家。
東京音楽大学・非常勤講師(作曲)。
NHK-FM「吹奏楽のひびき」担当。
最新CM
[09/26 Feste Romane]
[09/24 NAPP]
[09/24 Feste Romane]
[04/04 ごいんきょ]
[02/25 D]
最新TB
ピアニカ
キーボード上2列で演奏できます
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]