忍者ブログ
中橋愛生(NAPP)の不定期日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 先日のガレリアWOの定期に関しては、後日掲示板のほうに書くことにしまして・・・・・

 昨日は池辺晋一郎先生らと、今日は西村朗先生らと新年会(?)と称してお食事をご一緒させて頂く。色々と貴重な体験をさせて頂いたのだけれども、ふと気がつけば、本格的に締め切り間近の合唱曲が危うい。この時期はスケジュールが予定通りに運ぶ事はまずないので・・・・・やばいなぁ。来月には急遽委嘱された吹奏楽の作曲(補作?)の締め切りもあるし、怖いですね・・・・・

 ちなみに、今日は学内のオーケストラ演奏会。東京音大の作曲では、四年生の卒業作品(オケ)のうち優秀作品2作品を学生オーケストラで演奏してもらえることになっています。私は学生とオケの橋渡し役のようなことをやってました。
 で、今回指揮をして頂いたのは時任康文先生。吹奏楽の世界でも有名な指揮者ですね。同じ大学にいながら、一度もゆっくりお話はしたことがないのですが・・・・・ 現代モノに馴れていない学生オケを、わずか2回の練習で本番に持っていくのはかなり至難の技。そんなときに指揮者に求められるのは、拍点をしっかりと示してあげること、キューをしっかり出すこと、なおかつ音楽的表現を「引き出す」こと、の三点に集約されるのではないでしょうか。プロのオケではなく学生オケ、というのが最大のポイント。で、時任先生の指揮はもう素晴らしいの一言。あんなに安心して任せられる指揮者は滅多にいないのでは、と思える素晴らしさ。
 実は私、時任先生の演奏を中学生のときに聴いているんですね。1993年に佐賀県で行われた吹奏楽コンクール全国大会一般の部。「ディオニソスの祭」を演奏した乗泉寺吹奏楽団。とにかく圧倒的な演奏だったので強烈に印象に残っています。これの指揮者が時任先生だったのを知ったのは、つい最近のことだったりします。
 いや、ホント、かっこいい・・・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
NAPP
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/19
職業:
作曲家、のはず
自己紹介:
作曲家。
東京音楽大学・非常勤講師(作曲)。
NHK-FM「吹奏楽のひびき」担当。
最新CM
[09/26 Feste Romane]
[09/24 NAPP]
[09/24 Feste Romane]
[04/04 ごいんきょ]
[02/25 D]
最新TB
ピアニカ
キーボード上2列で演奏できます
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]