忍者ブログ
中橋愛生(NAPP)の不定期日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 色々と立て込んできていて、やらないといけないことが山積していることは分かっているのだけど、これだけは絶対行かないと、ということで、佼成ウインドの第100回定期に伺ってきました。


2月20日 東京芸術劇場

指揮:秋山和慶

 セレブレーション/フィリップ・スパーク

 舞踏組曲/ジョセフ・ホロヴィッツ

 法華経からの三つの啓示/アルフレッド・リード

 レミニサンス/長生淳

 雲の変容(委嘱作品世界初演)/北爪道夫

 舞楽/ドナルド・グランサム


 プログラムは全て新旧の佼成ウインド委嘱作。100回目にこういうプログラムを組む意欲が素晴らしい。
 指揮は、前回の共演から20年以上ぶりという、マエストロ秋山。

 演奏は棒のおかげもあり、実に素晴らしい出来。特にリード作品は、こんなにいい曲だったかと、後で再確認してしまったほどの演奏。

 注目の北爪道夫の新作は、吹奏楽版の映照という面持ち。和音と楽器群の音色による、色彩の層が折り重なっていく作品。音色のコントロールが必須なので、これを聴かせるのはアマチュアでは相当難しそう。
 北爪先生は、この後もう1曲書く、という噂も聴いたので、そちらも期待。


 個人的には、せっかくの100回記念なので兼田敏「東京佼成ウインドオーケストラ・ファンファーレ」も聴いてみたかった。
 また、関係筋によると、もし間に合えば今回、三善晃先生にお願いしてある委嘱作品が初演される可能性もあったとのこと。これはまずは三善先生のお身体の都合を優先なので、近い将来に実現することを信じて待つことにしましょう。


 ともかく、100回という定期公演を向かえたのは、誠にめでたいことだと思います。
 プロオケだと、定期は600回を超えるところも多く(N響は1600回)なっていますが、地方公演も多い佼成ウインドですし、他のプロ吹奏楽団ではこうもいかないので、素晴らしい実績だと思います。
 今後、首席指揮者にクラリネット奏者としても高名なポール・メイエを迎えるそうで、今後のレパートリーの拡充に期待しています。


 余談ながら、この演奏会にNHK「吹奏楽のひびき」の中継を入れてもらいたかったのですが、諸事情により断念しました。残念。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
NAPP
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/19
職業:
作曲家、のはず
自己紹介:
作曲家。
東京音楽大学・非常勤講師(作曲)。
NHK-FM「吹奏楽のひびき」担当。
最新CM
[09/26 Feste Romane]
[09/24 NAPP]
[09/24 Feste Romane]
[04/04 ごいんきょ]
[02/25 D]
最新TB
ピアニカ
キーボード上2列で演奏できます
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]