忍者ブログ
中橋愛生(NAPP)の不定期日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんとか今朝、新作のユーフォニアムと吹奏楽のための協奏的作品 《La Decouverte du Feu》(火の発見)の楽譜を発送しました。いやはや、大変でした。曲自体は3月中には完成したのですが、とにかく浄書(特にパート譜作成)が大変。連符が頻出する曲なので桁位置を修正しないといけないのですが、とにかく量が多いし、細かい。Finale 2005 だとこの機能がずいぶんと頭がよくなっているらしいのですが、締め切り直前にソフトのヴァージョンアップをかける勇気は私にはないです。しょうがないから、全部手作業。三時間ほどの睡眠時間でず〜っとMacに向かってる日が一週間近く続き、ヘロヘロです(笑)。 もう若くないのでしょう。
 当初の予定では5分位の曲のはずが、出来上がってみたら8分になってました。私の曲としては珍しく、速くならない(笑)。バンドは技術的には全然難しくないし、楽譜はパッと見たところ延ばしがほとんどなので、初見でもいけるように見えるでしょう。しかし、合奏してみたらエライことになる、そんな曲です。独奏ユーフォのパートは・・・・・まぁ、難しくはないと思いますが、普通じゃないことは確かです。と言っても、指と口の技術だけで出来る範囲の奏法ばかりですが。
 この曲、初演は5月7日、足立区の西新井文化ホールで行われるミュゼ・ダール吹奏楽団の定期演奏会です。開演は18時。ユーフォニアム・ソロは、何とも光栄なことに外囿祥一郎さん。楽しみです。ウキウキです。

 で、実はこの曲、三楽章からなる協奏曲の第一楽章として着想してます。だから、この続きも書いてみたいのですけどね、機会があるかどうか・・・・・ ピアノとハープとコントラバスクラとコントラファゴットが用意できて、外囿さんを呼べる実力と基盤のあるバンド、お待ちしています(爆死)


  ようやく春休み、と思いきや、来週から大学が始まります (T.T) あと、締め切りも溜まっていて、GW明けまでには某中学校のコンクール自由曲用に編曲を一曲、6月上旬までには某一般バンドのコンクール自由曲用に新曲(改作曲?)を一曲書かないといけない。11月くらいまでには室内楽作品も一曲頼まれてるし。当分休めそうにないですね。

 とりあえず、頭の中は次の編曲作品を考え始めてます。原曲、というか素材として提示されている曲は、中学向きの背景(内容)ではないし、コンクール向きの性質(趣旨)ではないので、頭が痛いところです(笑)。こうなると、原曲のイデオロギーに真っ向から反発(というより、背景から切り離して純粋に素材としてのみ扱う)して、逆照射するくらいしかやりようがない。難しいですね。

 でも、とりあえず花見には行く事にしよう。あと、床屋にも行かなきゃ(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 関屋晋先生HOMEめも >>
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
NAPP
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/19
職業:
作曲家、のはず
自己紹介:
作曲家。
東京音楽大学・非常勤講師(作曲)。
NHK-FM「吹奏楽のひびき」担当。
最新CM
[09/26 Feste Romane]
[09/24 NAPP]
[09/24 Feste Romane]
[04/04 ごいんきょ]
[02/25 D]
最新TB
ピアニカ
キーボード上2列で演奏できます
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]