忍者ブログ
中橋愛生(NAPP)の不定期日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 突然ながら、あるバンドから作曲依頼の打診を受ける。その内容はとても魅力的なものだったので、喜んで引き受ける、と言いたいのだけど、困ったことに締め切りが「三月末」!
 今書いている合唱曲が上がるのは、おそらく今月14日位(書いているのが男声合唱なのが惜しい日付だ)。その次に某バンドの依頼により「シンタックス・エラー」を7〜8分程の規模に拡大する、という作曲がある(ちなみにこの拡大版の曲のタイトルは「セマンティックス・エラー」と決めている)。これの締め切りは三月頭。一度書いた曲に手を加える、というのはとても大変なこと(気が進まない、とも言える)なので、ちょっと遅れることも予想される。
 となると、二週間位で一曲書かないといけない計算。いくらなんでもこれはキツイ。作曲だけに時間を使えれば何とかなるかもしれないけれど、残念ながら私は平日は基本的に毎日大学に出勤している身。他の作曲家の皆さんに比べると、どうしても一曲作るまでにかかる日数は多くなってしまうのです。私の中ですごく早く仕上がったと思っている「玻璃ぷりずむ」でさえ一ヶ月かかっているというのに・・・・・
 このように、かなりキワドイ日程。この他にも文章系や事務系の仕事も入ってくるだろうから、「予定は未定」と言わざるを得ない。普通なら断ってしまうところなのだけど、とにかく、魅力的な委嘱内容。曲の性格に注文を付けられない、ってのがどんなに楽か。チャレンジし甲斐のある素材があるのがどんなに刺激的か。う〜ん、腹を切るのを覚悟で引き受けてしまうべきか、悩むところ・・・・・ 来週、返事をすることにして、とりあえず保留。

 ちなみに、これを受ける・受けないに関わらず、五月の連休明け締め切りで、某中学校バンドのために編曲してあげることも約束しているので、締め切りを延ばせばいい、というものでもない。ふと気づいたら、今年の半分近くの予定が埋まっているぢゃないか・・・・・
 それにしても、他の作曲家さんも、委嘱を受けたとき、既に締め切りが近いのは当たり前なのだろうか?私の場合は遅くとも半年、できれば一年前に頼んで貰えると助かるのだけど・・・・・ 人気吹奏楽作曲家Yさんのように、二週間で一曲のペースで書ける才能が欲しい・・・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
NAPP
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/19
職業:
作曲家、のはず
自己紹介:
作曲家。
東京音楽大学・非常勤講師(作曲)。
NHK-FM「吹奏楽のひびき」担当。
最新CM
[09/26 Feste Romane]
[09/24 NAPP]
[09/24 Feste Romane]
[04/04 ごいんきょ]
[02/25 D]
最新TB
ピアニカ
キーボード上2列で演奏できます
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]