忍者ブログ
中橋愛生(NAPP)の不定期日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 前回の続き、ではなくて、演奏会の情報。

 カーゲルの「フィナーレ」は、もしかすると今年の11月16日に都内で演奏されるかもしれない・・・・・と軽く触れておいて、他の注目はというと、アミューズウィンドオーケストラの第9回定期演奏会。
 この演奏会、なんと西村朗「巫楽」が演奏されるのだとか。まさかアマチュアでこの曲をやってしまうバンドがあるとは・・・・・いやいや、恐れ入ります。この曲はPic、Es Cl、Sop Sax(ソプラニーノも含む)などの超高音域な楽器が多数あることで、強烈なヒシギが発生する曲です。この辺りはCDには収録できない周波数域が大きな効果を生むので、生で聴かないとその威力は分からないところがあるんですね。入場無料とのことですので、ぜひ聴きにいきたいところです。残念ながら私は大学入試の日なので、行けないのですが・・・・・
 ちなみに、「アジア」にテーマを設定したこの演奏会、他の曲もなかなか魅力的です。演奏会の詳細は下記の通り。
  2月19日(土) 開場 13:00 、開演 13:30
  所沢市民文化センター「ミューズ」アークホール
  入場無料
  《プログラム》
  夏田鐘甲/吹奏楽のためのファンタジー
  小山清茂/琴瑟
  西村朗/巫楽
  伊藤康英/台湾狂詩曲
  櫛田てつ之扶/舞楽?
  真島俊夫/百済伝説による交響組曲「神門物語」

 もう一つ。
 北海道教育大学函館校吹奏楽団といえば、渡部謙一率いる吹奏楽部で、昨年の吹奏楽コンクール全国大会で伊左治直「南蛮回路」を演奏したことで、話題になったバンドです。そのウィンター・コンサート(北海道だと3月でも冬なのですね)では、原町第二中学校が昨年初演して一部で注目を集めた伊左治直「夕焼けリバースJB急行 〜ハイドン・ヴァリエーション・メタモルフォーゼ」が演奏されます。
 また、一番の注目は、渡部・伊左治・国塩の三氏による鼎談が予定されていること。個性派のお三方が「21世紀の吹奏楽の方向性は…」というテーマで何を喋るのか、興味深いところです。
 3月6日(日) 函館市芸術ホールにて。
 詳しくはこちらで。
http://www.geocities.jp/hue_brass/pc.html


 さてさて、先週「引き受けるかどうか迷ってる」と書いていた新曲委嘱の話、結局引き受けさせて頂くことにしました。某アマチュア一般バンドの委嘱なのですが、珍しいことに協奏曲(という程の曲の規模ではないけれど)です。私はいつも「演奏者の実力のちょっと斜め上を狙って書く」人なのですが、今回ばかりは独奏者が独奏者なだけに「斜め上」がどこなのか皆目見当がつかない(笑) いやはや、これは初めての経験です。
 ちなみに、例によってタイトルだけは先に決めてありまして、今回は「La Decouverte du Feu」というタイトルにしました。このタイトル(フランス語、これがポイント)だけで、勘のいい人はどんな曲になるか分かるかもしれませんが・・・・・
 しかし、今回の一件で、「セマンティックス・エラー」を頼んでくれたバンドにはご迷惑をお掛けしてしまうことになり、本当に申し訳ない限りです。できるだけ早くなんとかしようとは思っているのですが・・・・・ でも実は、この「La Decouverte du Feu」の独奏者と私、そして「セマンティックス・エラー」を頼んでくれたバンドの主宰は、今年の夏に同じ演奏会で顔を合わせるかもしれないのです。それも考えると、今回は無理してでも引き受けたのは賢明だったのかもしれません。あとは、私ができるだけ早く仕事をして、できるだけ多方面に迷惑をかけないようにしなければ・・・・・ 入試後の大学が始まるまでの春休み期間が、勝負です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
アミューズWOの定期に行きました。目玉の『巫楽』は90年初演版。確かに件のヒシギ感や音圧の凄まじさはCDとは違います。ホールがミューズアークなのも好条件だったかも。あとは『ファンタジー』のカット無しを初めて聴けたのが収穫でした。

演奏内容は全般に「こなし」てはいるものの、踏み込み不足な印象が。あと、悪天候もあってか観客数が寂しいのを差し引いても、その反応が総じて薄いのも気になりました(関係者多数のため?)。音楽は作曲家と演奏者だけのものでなく、聴衆との関係も「作品」を取り巻く重要なファクターなのに、などと考えたりも。
蝸牛の旋 URL 2005/02/20(Sun)00:55:00 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
NAPP
年齢:
39
HP:
性別:
男性
誕生日:
1978/06/19
職業:
作曲家、のはず
自己紹介:
作曲家。
東京音楽大学・非常勤講師(作曲)。
NHK-FM「吹奏楽のひびき」担当。
最新CM
[09/26 Feste Romane]
[09/24 NAPP]
[09/24 Feste Romane]
[04/04 ごいんきょ]
[02/25 D]
最新TB
ピアニカ
キーボード上2列で演奏できます
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]